妊活を始めるにあたって・・・検査について

2019年08月23日

妊娠、子供を意識するのはいつからでしょうか?

妊娠。子供を意識するようになり、ご自分で基礎体温を計測して

独自でタイミングをとられて、それでも妊娠にいたらない状態が

1年ぐらい続いた時に、クリニックを受診をされて

不妊治療に取り組まれる方が当院の患者さまでは多いです。

最近は、ご自身でタイミングをとっておられ、

「病院に行くのは抵抗がある」

 

 

「薬を服用しての治療にも抵抗がある」

 

 

などの方が病院には行かずに、

ゆとり治療院にご来院頂けることが多くなってきています。

近年は薬に抵抗のある方が多くなっていますね。

「病院にいきたくない!」気持ちわかります~。

その際に注意することがあります!

自然妊娠を目指す場合には

構造上ならびに機能上の問題がないことが

前提条件になります。

病院に抵抗があるのはわかりますが健康診断を受けるつもり

ならびに妊活をスタートさせる最初の取り組みとして

当院ではクリニックでの以下の検査を受けることを推奨しております。

①血液検査によりホルモン値のチェック

②ヒューナーテスト

③卵管造影検査

です。

薬を飲むなどの不妊治療を始めるかはそのあとに決まればよいと思います。

検査を受けたからと言って、治療を始めないといけないわけではありません。

構造上、並びに機能上の問題があった場合でも、クリニックでの不妊治療で

対応できるものが多いです。

 

 

構造上、機能上にそれほど以上がない場合はご自身の身体の自然治癒力=細胞力が弱くなっていて妊娠しやすい体の状態になっていない可能性があります。

以前に投稿させていただいているコラム「妊活に古き良きものを。」に構造上、機能上問題のない可能性が高い場合に、なぜ鍼灸などの東洋医学を活用するのが良いのかについて書いていますのでよろしければご覧くださいね。

 

 

病院に抵抗のある方は、ゆとり治療院に来ていただいてもカウンセリングをしながらわかりやすくお伝えさせていただきますのでご安心くださいね。

 

不妊施術の詳しい内容は下記のバナーをクリックしてくださいね。