ゆとり的つわりの考え方

2019年09月14日

今回は「ゆとり的つわりの考え方」についてお伝えしますね。

ゆとり鍼灸治療院には妊活中の患者様が多数ご来院されています。

その中で多数の方が妊娠し、妊娠初期にはつわり症状が出る方がいらっしゃいます。

妊娠するまでは自分の命(脳と心臓)が第一優先の体のしくみになっています。

 

 

妊娠後はお腹の中の赤ちゃんが優先になるため、お腹(内蔵)が第1優先の体のしくみに変化していきます。妊娠すると大きく体のしくみが変わります。妊娠初期は大きく体のしくみがかわつている途中になります。ホルモンバランスが変わるので、つわりなど妊娠初期には色々な体の症状が現れると言われていますが、体のしくみが大きく変わりますので、妊娠初期は体の負担が大きくなるのですね。

体のしくみが大きく変わる妊娠初期に、いつもと同じように仕事や日常生活を営んでいると、お腹の中の赤ちゃんは栄養がしっかりと欲しいので体を休めて欲しいサインが出てきます。

ゆとり鍼灸治療院ではこのサインがつわりなどの妊娠初期の症状となっていると考えています。

安定期を過ぎますとお腹(内蔵)が第一優先の赤ちゃんを育てる体制が完成しますのでつわり症状などは治まることが多いようです。

ゆとり鍼灸治療院では妊娠初期は体を大きく変化して赤ちゃんを育てる体制に変わる時ですのでなるべく体を休めてお腹に栄養がいく環境を作ってくださいねとお話ししています。体の変化や症状は赤ちゃんからの声になりますでの、お腹の中の赤ちゃんとのコミュニケーションだと思って、体の反応に合わせて体を休めてくださいね。

ゆとり鍼灸治療院では自律神経、内蔵、血流を調整し、体の変化がスムーズにいくように並びに寝たら回復しやすい体づくりを行なっていますので、つわり症状で困ったら一度相談してみてはいかがでしょうか?