妊活を始めるにあたって・・・検査について

2019年08月23日

妊娠、子供を意識するのはいつからでしょうか?

妊娠。子供を意識するようになり、ご自分で基礎体温を計測して

独自でタイミングをとられて、それでも妊娠にいたらない状態が

1年ぐらい続いた時に、クリニックを受診をされて

不妊治療に取り組まれる方が当院の患者さまでは多いです。

最近は、ご自身でタイミングをとっておられ、

「病院に行くのは抵抗がある」

 

 

「薬を服用しての治療にも抵抗がある」

 

 

などの方が病院には行かずに、

ゆとり治療院にご来院頂けることが多くなってきています。

近年は薬に抵抗のある方が多くなっていますね。

「病院にいきたくない!」気持ちわかります~。

その際に注意することがあります!

自然妊娠を目指す場合には

構造上ならびに機能上の問題がないことが

前提条件になります。

病院に抵抗があるのはわかりますが健康診断を受けるつもり

ならびに妊活をスタートさせる最初の取り組みとして

当院ではクリニックでの以下の検査を受けることを推奨しております。

①血液検査によりホルモン値のチェック

②ヒューナーテスト

③卵管造影検査

です。

薬を飲むなどの不妊治療を始めるかはそのあとに決まればよいと思います。

検査を受けたからと言って、治療を始めないといけないわけではありません。

構造上、並びに機能上の問題があった場合でも、クリニックでの不妊治療で

対応できるものが多いです。

 

 

構造上、機能上にそれほど以上がない場合はご自身の身体の自然治癒力=細胞力が弱くなっていて妊娠しやすい体の状態になっていない可能性があります。

以前に投稿させていただいているコラム「妊活に古き良きものを。」に構造上、機能上問題のない可能性が高い場合に、なぜ鍼灸などの東洋医学を活用するのが良いのかについて書いていますのでよろしければご覧くださいね。

 

 

病院に抵抗のある方は、ゆとり治療院に来ていただいてもカウンセリングをしながらわかりやすくお伝えさせていただきますのでご安心くださいね。

 

不妊施術の詳しい内容は下記のバナーをクリックしてくださいね。

 

逆子はなぜなるの?

2019年08月19日

当院では妊活、マタニティー、産後のケアとトータルマタニティーケアを行なっております。

その中で逆子でお悩みの患者様も多く来院されます。

逆子を改善して自然分娩にて出産するのと、帝王切開により出産するのでは大きな違いがありますので、最近では紹介以外にもネットを見て来院される方が多いです。

やつと自然分娩と帝王切開による出産お違いが理解されてきたのかなぁと思っております。

その中で、患者様との会話の中で、「先生、逆子ってなぜなるの?」「逆子って治るんですか?」と聞かれることが多いです。

 

 

逆子の原因は、多胎児妊娠の特性によるもの、骨盤や子宮の形など母体の体質によるもの、巨大児などの赤ちゃんの発育や好む体位によるものに分けられます。また、冷えやストレス、姿勢などの生活習慣も逆子になる確率を上げると言われています。

当院の患者様によくある傾向としては、産休ギリギリまで仕事をされておられる方や、睡眠時間が短い方(約6時間ぐらい)や体の疲労感が強い方や骨盤の歪みがきつい方などに逆子が多く見られます。

子宮環境は自分の体力の余力で養われているので、仕事などをフルでされていて、自身の体の休息(睡眠)が十分でないと、子宮環境(子宮への血流や羊水の循環など)は良い状態を保てなくなります。

一般的に言われている逆子予防・改善方法には

①逆子体操←骨盤を緩め、赤ちゃんが動きやすい環境を作ることを目的としています。

 

 

②外回転術←医師・助産師が行います。

③鍼灸治療←古来から効果的と言われるツボを使用し、血流の改善・体液・羊水の循環促進を行い 子宮内環境の改善を目的としている

 

 

④半身浴←体液の循環・羊水の循環促進目的、逆子の原因の一つと言われる冷えの改善を行い、赤ちゃんが動きやすい環境を作ります。

 

 

⑤マタニティースイミング←スイミングを行うことによって血流改善・体液の循環改善を目的としています。

などがあります。

当院では、逆子治療として、「ゆとり式お灸整体」を行なっております。

骨盤内環境の改善、腹部環境の改善、血流を良くし体液循環の促進、赤ちゃんが動きやすい環境づくりを行なっております。

自然分娩を希望される方は一度ご相談ください。体は変わりますよ!

逆子施術に関しての詳しい内容は下の URLをクリックしてくださいね。

逆子治療

移植後はどのように過ごしたらいいの?〜東洋医学的過ごし方〜

2019年08月18日

今回は患者様かの質問の中でも多い

「移植後はどのように過ごしたらいいですか?」について東洋医学的な過ごし方のお話をさせていただきますね。

ゆとり鍼灸治療院に通院されておられる患者様から

「移植後に何かした方がが良いことはありますか?」「移植後は色々してはいけないことがあると聞いたのですが・・・」などよく聞かれます。

 

 

移植後は体はどのように変化して行くのでしょうか?

黄体ホルモンなどを補充し、子宮で新しい命を育む環境を整えるようにしていきます。ご自身の脳からも黄体ホルモンが分泌されます。

ということは子宮で新しい命を育む環境を応援するような生活をする必要がありますね。

どうすれば良いのでしょうか?

 

ご自身の体を使ったり、目や脳を刺激したりすると、頭や心臓が活躍する必要があり、あまりお腹にエネルギー(気)や血液が行きにくい環境になります。交感神経優位な状態と言います。

逆に副交感神経優位な状態になると、内臓と手足末端にエネルギー(気)や血液が行きやすい状態になります。移植後はお腹・内臓(特に子宮)にエネルギーや血液をたくさん送ってあげるのが良いですよね。いかに副交感神経が優位な時間を作って上げるかがポイントになります。

副交感神経が優位な時間を作ってあげる・・・???「どうすればいいの???」

それは、頭と目を休ませる生活をすることです。一番効率が良いのは「睡眠」ですね。

あと、最近は日常生活の中で、テレビやパソコン、スマホなど頭と目を刺激することが非常に多いです。30〜40年前のメールなどがない時代は手紙を送り帰ってくるまで、タイムラグがあり考える時間の余裕がありました。今ではLINEなどのSNSが主流となりやりとりが早く、時間的なゆとりもなくなつてきています。普通に日常生活を過ごしているだけで交感神経優位になり、頭と目が疲労する時代なんですね。

 

 

当院に来院されている患者様も「移植後はなるべく外出せずに安静に過ごしてました。」など体を休めること=移植後の良い生活を思われている患者様は多いです。自宅で安静にしておられる内容をお聞きすると「いろいろなことが気になるので、スマホやパソコンでネット検索(特に移植や移植後のことなど)をすっとしているといった方が多いです。普通の生活をしているだけでも現代では交感神経優位生活になるのですが、それにも増して知らないうちにより交感神経優位な生活になってしまっているんですね・・・。

当院で行なっている漢方鍼灸などの体質を改善する取り組みによって、自己治癒力が高い状態で保つことができれば、寝たら良くなる体を作れますので、睡眠と頭と目を休ませることを意識していただくことで、子宮にエネルギーと血液が集まる良い環境を保つことができます。

やはり、土台づくり(寝たら良くなる体づくり)と副交感神経優位な環境づくりが重要になりますね。

妊活への一つのヒントになれば幸いです!

不妊瀬術の詳しい内容は下記のバナーをクリックしてくださいね。

東洋医学的妊娠初期の過ごし方

2019年08月14日

「東洋医学的妊娠初期の過ごし方とは?」についてお話をさせていただきます。

ゆとり鍼灸治療院は「不妊施術」「マタニティー(妊婦さん)施術」「産後の不調の施術」で通院されておられる方が多いです。

「不妊施術」で陽性反応・妊娠されたほとんどの方は安定期を経て「マタニティー施術」に移行して安産ケアを行なっていきます。

 

 

その中で妊娠初期は妊婦さんの不安が強く、特に不妊治療を行なって来られた方は不安はより強いです。その不安に寄り添って行くのも私たちの役割の一つです。

その中で、質問として多いのが「妊娠初期の過ごし方?」についてです。

最近はインターネットが普及して色々な情報があふれています。そのことで患者様は困惑されておられる方も多いように見受けられます。

妊娠は病気ではないのですが、からだがお腹の中で赤ちゃんを育てるための体に変化していき、お腹の中の赤ちゃんが中心の体になっていきます。お腹の中の赤ちゃんに栄養が巡りますので、ご自身の命が第1優先ではなくなるのです。自分の体にだけ栄養やエネルギー(気)を使えなくなるのです。そのことによって、患者様ご自身のからだの不調が出やすくなります。

 

 

当院の患者様でも仕事をされておられる患者様に多い傾向なのですが、妊娠初期につわり症状が出やすくなります。お腹の中の赤ちゃんの成長が順調な方は食べづわりが出やすい傾向にあるようです。

当院では、妊娠初期の症状は「赤ちゃんからの声」ととらえています。お腹の中の赤ちゃんが優先的に養われるので、ご自身の細胞の力=自然治癒力が低下します。自身の体の不調(疲労)を治癒・回復させる力が低下するので、疲労が溜まりやすくなり、肩こり・吐き気・めまい(フワフワする感じ)などが出てくると考えています。妊娠初期はホルモンバランスがお腹の中で命を育む体制に変わるので、不安定になりますからね〜。

では、妊娠初期はどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

東洋医学的な考え方として、妊娠初期はお腹の中で新しい命を育みますので、ご自身の体を十分に栄養ならびに休息を取っていただき、体の余力を作り、お腹の中の赤ちゃんに栄養(血)とエネルギー(気)をたくさん送れるようにすることです。簡単には休息(睡眠)と気(エネルギー)の流れの良い状態を保つことですね。

仕事をされておられる方は、今までと同じような生活ができない状態なのに、今までと同じような生活をし、しかも休息(睡眠)は増やさない状態では当然体調に異変・不調が出ますよね。

 

 

妊娠初期は特に疲労を溜めない、疲労回復力を上げてお腹の中の赤ちゃんの声に真摯に向き合っていただくことが大事になります。妊娠は病気ではありませんがお腹の中で新たな命を育みますので体への負担は大きくなります。このことを理解していただきますと今までとは違う妊娠初期の過ごし方をされる方が多くなると思います。

また、野菜不足にはサプリメントで補給されるのと同様に、体に大きな負担がかかる妊娠初期は漢方鍼灸とマタニティー整体で体の負担を減らし、お腹の中の環境をより状態に保ちましょう!

不妊に○○は大敵です!

2019年08月5日

疲労をほうっておくと大変になる、「疲労」は体の電池切れのサイン!?

そもそも「疲労」とはなんでしょう?

 

 

常に疲れていますと言われる患者様が多いです~。

多くの人が慢性の疲れに悩まされていますが、疲労にはいくつかの種類があります

(1)体を動かすことで緊張状態が続いて疲れを感じることを活動疲労と言います。

(2)営業成績に追われる、家庭内の問題にいつも思い悩むなど、精神的な緊張やイライラが続くことで起こるのが精神的疲労と言います。

どちらにも共通しているのは、交感神経が優位だという事。

この状態が続くと、免疫力を左右する副交感神経が下がったままとなり、

やはり病気になりやすくなります。

最近はパソコン、スマホがないと困る時代になっておりますので、

周囲に交感神経を優位にする要因がたくさんありますからね

このように慢性的な疲れは交感神経が優位な状態が続くことで起こります。

この疲れから抜け出すためには、副交感神経機能をあげることが不可欠であり効果的です。

そのためには一度交感神経のスイッチをオフにする質の良い睡眠をとることが大事です。

仕事で残業が続いていたり、朝すっきり起きれなくなったら質の良い睡眠を

とることをしてあげてください。

 

 

細胞が再生修復に入り疲労回復が図れます。

あなたは交感神経優位体質になっていませんか?

副交感神経優位体質に切り替えて、ゆとり治療院と一緒に妊娠しやすい体を作りましょう。

 

睡眠時間をとっても朝すっきり起きれないならびに思い当たる原因がないのに

慢性的に首・肩・腰などの痛みでお悩みの方は一度、東洋医学治療である

漢方鍼灸治療で交感神経のスイッチをオフにして、副交感神経機能レベルを

あげてみるのも良いかもしれませんね。

当院では睡眠の質の改善を行うアイテムもありますよ。

 

不妊施術の詳しい内容は下記のバナーをクリックしてみてくださいね。

 


1 2 3 4