めまい

  • ふわふわしたふらつきを感じることがある。
  • 寝起きや寝返りをした時にぐるぐる回るめまいがする。
  • 耳に水が入ったような詰まり感がある。
  • 薬を飲んでもよくならない。
  • 車の運転ができないまたは乗るのが怖い。

身体の不調・お悩みはお任せ下さい!

他でよくならない理由

 

 

せっかく病院・整体に行ったのに全然よくならなかった・・・当院に来られる方の多くはそうおっしゃいます。

 

なぜプロのところに行っているのによくならないのでしょうか?

 

①その場しのぎの薬

病院に行けば出てくる症状に合わせて薬を処方されます。つまり、メニエール病(症候群)のための薬が処方されます。

●抗めまい薬・・・ペタヒスチンメシル酸塩(メリスロン)、ジフェニドール塩酸塩(セファドール)、dl-イソプレナリン塩酸塩(イソメニール)など

●吐き気どめ・・・ジフェンヒドラミンサリチル酸塩(トラベルミン)、ドンペリドン(ナウゼリン)、メトプロクラミド(プリンベラン)など

●抗不安薬

●ビタミン剤

・・・などです。ただ、あまり効いている、という実感が持てない方が多いようで、漢方薬の方がまだ効いている感じがする、という声も聞きます。

 

基本的に病院がしていることはどんな症状が見つかっても慢性的な症状の場合、していることは「その場しのぎ」が非常に多いです。

薬は体と相談しながら飲むのが良いのですが、薬を飲むだけで体が健康になることはありません。

治ったと思っていても実は痛みや症状・違和感の感覚が鈍っていてそれらを感じることができなくなっているということが少なくありません。

また、同じ痛みや症状を繰り返している場合、体はどんどん健康から遠ざかっているのです。早めに対処する方が早く良くなります。

整骨院では、痛みや違和感の出ているところの周りをマッサージされたり「電気』をかけられたりします。整体院では関節をポキポキされたりします。

体の痛みや違和感の出ているところを揉んだり、叩いたり、関節を鳴らしたりすると身体の中では

(1)交感神経、という体を緊張させる神経が働きます。すると血管が縮こまり血行が悪くなってしまいます。実際には身体にマッサージやポキポキなどの刺激が入ったその時は血行が良くなります。それで少し軽くなった気がするのですが、身体に刺激のストレスが強く残るため、身体はかえって硬くなってしまいます。
血行が悪くなるのでさらにだるくなったり痛くなったりします。なのでまた刺激を入れて(揉む・たたく・関節を鳴らす)もらう・・・結局悪循環になります。

(2)骨盤や骨格がずれます。少しでも痛いなどの不快な思いをすると、骨盤がずれるのです。身体の中の液体(血液・リンパ・脳脊髄液など)のめぐりが悪くなります。姿勢もそれにより悪くなります。さまざまな手技・技術の勉強会に参加していますが、多くの手技・技術(の先生)は「筋肉」「骨格」を整えれば良い、という考え方です。ではそれで根本的にめまい・メニエール症候群が改善するかというと、そうではないと考えます。

②誰に対しても同じ日常生活のアドバイス

(1)「水、2リットル飲んでくださいね」

 

(2)「外でしっかり歩きましょう」

 

(3)「歩きにくいなら、プールに入って歩きましょう」

 

 

 

などなど、「無責任なアドバイス」をしてくる院は多いようです。どこが無責任かと言いますと

(1)腎臓の健康状態によって取るべき水分量は変わってくるのです。
   疲れている腎臓にとって、水分2リットルは余計に疲れを増加させてしますのです。
   この時水の温度はどうなのでしょうか?冷たい水を飲めば当然身体は冷えます。
   冷えは万病の元と言いますけどね・・・。
   また、身体の大きな人も小さな人も高齢者も若い人もみんな2リットル、
   というのは明らかにおかしいですよね。

(2)めまいの程度や症状によって歩ける距離が人によってまちまちです。
   疲れていて感覚が鈍っているから歩き過ぎてしまう、また、逆に疲れていないのに
   歩かない方が多いのです。
   1日歩いて良い距離は人によって違うのですが、ただ、「歩きましょう」
   というだけではストレスにはなってもリハビリにはならないのです。

(3)プールで歩くと身体を冷やすのです。血行が悪くなってしまうので
   治りが悪くなってしまいます。人それぞれセルフケアの方法は違って当たり前なのです。
   めまいの程度や症状によって、寝る向きや運動量など人によってセルフケアの方法は
   違ってきます。
   正しいセルフケアをしっかり行っていただくことによって改善スピードが上がります。
   間違った方法をするとかえって悪化します。当院ではセルフケアを
   かなり明確にお伝え致します。

 

②内臓や脳はノータッチ

めまいの症状の原因となる部位とその周り、つまり耳周りしかチェックしないところが多いですし、発症した方も症状ばかりに意識がいってしまいます。

病院に行くとよく「加齢ですね」と言われます。
では誰しも歳をとれば同じ痛みや症状が出るのでしょうか?めまいが出るのでしょうか?そうではないですね。すごく健康な方、ふらつかないで、めまいの症状もなくしっかりされておられる方もたくさんいらっしゃいます。
MRIなどの画像診断したり、検査をしたから、身体の異変がわかることもあります。
画像診断していない人は身体に異変がない、ということではありませんし、検査をしていない人は身体に異変がないというわけではないのです。

では、なぜ身体に異変が出たのでしょうか?

それは身体にとって好ましくない刺激が入り続けたからです。
好ましくない刺激はめまいの原因になります。ではなぜめまいになるのでしょうか?
それは、血行が悪いからです。
では、ここで本題です。血行が悪くなるのはなぜでしょうか?

理由はたくさんあります。

(1)脳(自律神経)の疲労により、血液のコントロールがうまくいかない。

(2)内臓の疲労により、必要純分な血液が回ってこない、心臓に返っていかない、
   栄養が足りない

(3)血管の疲労により、必要な十分な血液が回ってこない、心臓に返っていかない。

などなど。血液が安定供給されなければ症状は出てきます。つまり、めまいが出る、耳が聞こえにくくなります。
日常生活の中で溜まってしまった脳(自律神経)や内臓、血管の疲れをとるのに、その場しのぎのマッサージや薬・注射でフォローするには荷が重すぎるのです。
めまいがひどい場合、日常のストレッチや体操くらいの血行の変化だけでは現状維持が限度なんです。

 

めまいの症状と原因

めまいの種類

 

回転性めまい

ぐるぐると天井や世界が回ってしまい、立っていられないようなめまいになります。左右のバランスが取れずに起こるので、通常は片側の内耳の問題が多いですが、片側の脳血管に問題がある場合もあります。

 

動揺性めまい

ゆらゆらしたり、ふらついたりというようなめまいににります。
コントロールがうまくできずに起こることが多いので、脳の問題の可能性が高くなります。
とはいえ、脳腫瘍などの重篤な障害があれば、めまい以上の症状が現れるのが一般的。
通常は脳の機能低下、自律神経の乱れによることが多いです。

 

浮動性めまい

ふわふわするようなめまいになります。
両側の内耳に問題がある場合や脳の問題のほか、動揺性めまい同様、自律神経の失調によるコントロール不全の可能性が高いです。

 

眼前暗黒感

いわゆる立ちくらみのように、目の前が暗くなる種類のものですね。
脳に血がたりなくなると起こります。自律神経失調症、出血性の病気などが考えられます。

 

 

 

 

 

めまいの原因

めまいが起こってしまう場合、当然のことながら平衡系のどこかに問題が生じているということになります。
ただし足裏のセンサーがおかしい場合には、めまいというよりバランス自体を取れなくなることが考えられますし、目の調子が芳しくない場合には、めまいというよりは見え方での不具合ということになるでしょう。

そう考えれば、必然的に、ふらつきの感覚を伴っためまいという現象が起きてしまうその原因は、耳の奥にある前庭系の問題か、もしくは脳の問題であると考えることができます。
いろいろなことが言われておりますが、めまいの原因は脳か前庭系のどちらかにあると考える方が自然でしょう。それでは実際に脳と前庭系において一体何が起きているのでしょうか?

めまいの原因となる器官

めまいが起こるという事態に至った場合、それはバランスを司る前庭系か脳に不具合が発生していることを意味します。

バランス機能が働かない理由は、構造的にその部位が障害されているか、機能の低下が起こっているかのどちらかになります。

□ 前庭(三半規管、耳石器)

□ 前庭神経

□ 脳

といった部位の障害としては、構造的問題やウィルス性の炎症、腫瘍による圧迫や、
血栓や梗塞などによる虚血状態などが考えられます。

機能の低下については、トータルストレス量の過剰による脳の機能低下、つまり自律神経の
失調状態や、栄養の不足によるもの、頭頚部の歪みによる血流の不足からくるものなどが考えられます。

では次に、それぞれの部位でどのようにめまいが起こるかをみていきます。

前庭(三半規管、耳石器)

めまいの原因として最も多いとされているのが、耳石の剥離から半規管への混入によって生じる「良性発作性頭位めまい症」で、要は異物の混入によってめまいが引き起こされてしまうパターンです。

めまいというと、パッと頭に浮かぶのはメニエール病ですが、これは内耳の中の膜迷路と呼ばれる器官を満たしている内リンパ液が過剰に増えることによって、内リンパ水腫が発生するっものです。

また、血流の不足、つまり栄養不足による機能低下によってめまいが起こるとも考えられるため、神経血管走行部、つまり頭頚部の歪みや凝りについても考慮する必要があります。

 

 

前庭神経

最も代表的なのは、ヘルペスウィルス等によって前庭神経が障害されることで引き起こされる「前庭神経炎」です。
これは伝達経路の不具合によってめまいが生じるパターンですね。

そのほかに、当然のことながら神経血管走行部の状態を考える必要があります。

脳本体の障害としては「脳腫瘍」など、栄養不足によるものとしては「脳血管障害」
が考えられます。

どちらにしても命に関わる状態なので、めまいよりもより重篤な神経系の症状を伴うことが
一般的です。

さらに、ストレス過剰によって負荷がかかり過ぎたために脳の機能低下からめまいが起こることもあります。

これは自律神経の乱れによるものとも言えます。

ゆとり鍼灸治療院が考えるめまいの原因

それは

1 自律神経(陰陽)の乱れ

2 内臓疲労

3 気・血の停滞

にあります。

 

 

自律神経の乱れ
自律神経とは

「活動」や緊張を司る交感神経と、「休息」や「回復」を司る副交感神経という2つの神経から成り立つ器官です。これら正反対の働きをする2つがバランスよく働き、血流や内臓の機能などを調整することで、健康を維持できる仕組みになっています。

自律神経の乱れはなぜ起こるのか?

ストレスを感じることで、「緊張」を司る交感神経が優位な状態となり、自律神経のバランスが崩れます。

ストレスを引き起こす要因

 

 

内臓疲労

内臓疲労はなぜ起こるのか?
睡眠不足・暴飲暴食・過度な運動・頭と目の使い過ぎなどにより内臓の使いすぎや休ませる時間が少ないなどで起こります。

内臓疲労が起こるとどうなる?

内臓が疲労すると消化吸収機能が落ちて栄養不足、気や血の不足の原因となります。すると、エネルギー(気)が不足して疲労感が抜けません。眠りも浅くなり長時間寝ても疲れが取れにくくなります。
栄養・エネルギー不足になると自律神経にも悪影響が出て不眠やイライラ、気分の不調などの心身にも影響が出るようになります。

気・血の停滞

気とはエネルギーであるとゆとり鍼灸治療院では考えています。
心の動き・状態・働きを総合して捉えたもののことをいいます。
中国思想や道徳や中医学(漢方医学)などでは、目に見えることはなくても流動的で体にも作用を起こすと考えられています。

なぜ気・血が停滞するのか?

「頭寒足熱」と言い、

当院での改善法

 

ゆとり鍼灸治療院での対処法は?

 

当院ではめまいの症状の改善には
自律神経、内臓
、血流全てのバランスを整えることが重要だと考えてはりきゅうを用いて施術しています。

なのでねれば疲労が改善して、めまいの症状が引いた後も自分の体を自分で治せる状態に

する(自然治癒力の高い状態)ことが根本改善と位置付けています。

その寝たら良くなるように自然治癒力を高めるためには自律神経、内臓、血流のバランスを整える必要があります。

本来、人間の体は
「自分で自分を治す力=自然治癒力」を持っています。
例えば、切り傷。切り傷がずっと治らない人って病気じゃない限りいませんよね。そんな感じで、めまいのつらい症状も本来は自分の体が治せるのが普通です。
その状態になっていただくことこそ、本当の改善だと考えています。

体の中にあるツボ(経穴)を用いてその人に必要なオーダーメイド施術を行い、自律神経の働き、内臓機能、血流を改善して、自然治癒力を高めていきます。
自然治癒力が高まった体の状態は、背骨の歪みや筋肉の緊張も修正すると考えています。

そうすることにより背骨の状態や歪みも改善していきます。

歪みが改善していると血液の通り道がまっすぐになりやすい状態なので、この状態が血液を含めた体液の循環が良くなります。

ゆとり鍼灸治療院の漢方鍼灸施術でめまいが改善できる3つの理由

1 東洋医学・西洋医学の両方の観点で身体を分析 
  

  辛いめまいの原因を徹底して見つけ出します。

 

2 辛いめまいの原因をトータルで改善できるから

  めまいは自律神経の乱れ、内臓疲労、気血の停滞の3つの原因が
  複雑に絡み合っていて起こります。
  当院の漢方鍼灸施術はこれら3つをトータルに改善していき、
  自然治癒力の高い、寝たら良くなる身体を作ります。

 

3 一人一人に合ったオーダーメイド施術

  何がどのように影響してめまいが引き起こされているかは人によって
  様々です。そのために当院では全てのお客様が全く同じ施術方法になり
  ません。
  漢方鍼灸施術は体全体、体質を診ていきますので、一般的な一律な施術
  とは違い、オーダーメイド的な施術法になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆとり鍼灸治療院|推薦の声をいただいています

推薦の声

上野先生と私は学生時代、共に医学を志した盟友です。
当時から上野先生の治療への意欲は情熱に溢れたものでした。
医学ならびに漢方医学にも精通しており体質改善に取り組んでおられる鍼灸院です。
現在も変わらぬその想いに、同じ医療者として畏敬の念が深まるばかりです。どうぞこれからも沢山の患者さんの病の一助と成り、 益々のご活躍をお祈り申し上げます。

推薦の声

東京と千葉で鍼灸院を6院経営させて頂いている栗山と申します。
ゆとり鍼灸院の上野先生とは同じ治療院業界の同志としてお付き合いさせて頂いております。
院長である上野先生ご自身が鍼灸師の養成学校の教員もしているほど知識や技術が卓越していることはもちろんのこと、患者さんやスタッフさんのことを常に愛情深く真摯に考えていらっしゃる姿勢、人間性を私自身心から尊敬しています。
そしてゆとり鍼灸院のスタッフさんも高い向上心と探究心を持ち、マインド・スキル・テクニックなどあらゆる面において患者さんのために日々精進している素晴らしい鍼灸師が揃っています。
もしこの文章を読んだいる方やお知り合いの方が何かしらの症状などでお困りで、世の中に沢山の鍼灸院や整骨院が溢れている中でどこに行ったら良いのか迷っていらっしゃるのであれば、是非とも一度ゆとり鍼灸院を受診してみられることをお勧めいたします。

感謝の声

開業10周年おめでとうございます。
院長先生をはじめとして、スタッフの皆様が地域医療に対して真摯に貢献されてこられた賜物と思われます。また、お忙しい中において、森ノ宮医療大学保健医療学部鍼灸学科の兼任講師として、学生の教育にもご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。
これからも多くの患者様に慕われ、貴治療院が益々の発展を遂げられることを祈念いたします。

ゆとり鍼灸治療院初回キャンペーン

受けてみたいけど自分に合うか不安・・・

そんな方のために!初診料無料0円キャンペーン実施中

通常初診料1,940円+施術料5,400円~7,560円

こちらのクーポン画面をご提示いただくと、施術料金のみで受けられます!

スタッフ

もっと身体のケアの認知を広げたい!

『治療を受けてみたいけど、初回にかかる金額が心配』という方に贈るウェブ限定の特典です!

初回体験のご予約はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

電話番号:

※ この特典を使用するには会計時にクーポンを見せてください。
(印刷,スマホ画面可)

ゆとり鍼灸治療院の施術の流れ

  1. 1.受付

    受付にてご予約時のお名前をお伝えください。
    初診時は問診票などの記入がございますので、ご予約時間の5分~10分前にご来院ください。

  2. 2.問診

    記入いただいた問診票をもとにカウンセリングを行います。
    現在、日常生活でお困りの点や症状を詳しくお聞かせください。

  3. 3.検査

    痛みやトラブルの原因を特定の筋肉が原因なのか?それとも体の軸である骨格のゆがみが原因なのか?
    もしくは姿勢などのねじれが原因なのか?を分析していきます。

  4. 4.説明

    ご自身の身体がいったいどういった状態にあるのかを、しっかりとご説明いたします。
    その中でもしも疑問や質問があった場合は気兼ねなく、ご質問ください。

  5. 5.施術

    提案させて頂いた施術内容で同意が得られれば、実際に施術を行っていきます。
    「何のために」「何をしているのか」を説明しながらの施術になりますので、安心できるとのお声をいただいております。

  6. 6.今後の治療計画

    これからの治療方針や治療期間、日常生活での注意点などをご説明いたします。
    会計後に治療計画でお話があった、予約をとる目安をお話しますので、 受付にてご予約下さい。