頭痛

TOP > 頭痛

なぜ頭痛がこるの?

頭痛
その原因は・・・
  • 姿勢バランスが悪い
  • 自律神経バランスの崩れ
  • ストレスを受ける環境
  • 脳疾患などの影響

頭痛が起きる機序は様々ですが、来院される方に多く見られるのは

1.偏頭痛
2.緊張性頭痛
の2種類が多く見られます。

【片頭痛】とは?

片頭痛とは、ズキズキやガンガンといった痛みがあり血管の拍動リズムを刻む頭痛のタイプです。主に、片側のみの頭痛がおきますがまれに両側の場合もあります。吐き気やめまいを伴う事も多く、ある一定の環境になると(飲酒や睡眠不足・飛行機の搭乗など)発症するのが特徴です。

【緊張性頭痛】とは?

主に後頭部に症状がでるタイプの頭痛です。肩こりや頚のこりがひどくなると出てきます。
片頭痛とは違い、血管の拍動などはほぼ感じられなく、重さやだるさを伴うことが多くあります。長時間のパソコン作業や、緊張を強いられる場面で発症する事が多いでしょう。

頭痛の原因になりやすい筋肉と処方経穴例

また、上記の頭痛の他にも注意しなければいけない頭痛があります。
1.症候性頭痛
2.群発性頭痛
が挙げられます。症候性頭痛と群発性頭痛は医療機関の受診・連携が理想です。

【症候性頭痛】とは?

なんらかの疾患が原因で発症する頭痛。
主に、くも膜下出血・脳梗塞・脳出血等、頭部の病変に起因するものが多いです。
特徴としましては、突然の強い頭痛や嘔吐や脱力感が伴います。早急な医療機関の受診をおすすめします。その他の疾患としては、髄膜炎や副鼻腔炎などの症状も症候性頭痛に分類されます。

【群発性頭痛】とは?

30代の男性の多くに見られる頭痛で、強烈な痛みを伴う頭痛です。
じっとしていられない程の痛みで目を奥からえぐられるような痛みで、涙や鼻水を伴います。

ゆとりの頭痛治療はなにが違うのか?

ゆとりの頭痛治療は、西洋医学と東洋(漢方)医学をもとに、問診・検査・触診を行い、病変によるものではないか?どういった原因で症状が出てきているのか?をしっかりと判断します。
頭痛は、的確な判断が重要なので決して軽く見てはいけません。治すことを目的に1人1人に合った治療を行います。気持ちよいだけの慰安でないのがゆとりの方針です。

頭痛 お客様体験の声

頭痛やめまいで悩んでいた 堺市堺区在住の28歳 女性
堺市堺区在住の28歳

ストレスで頭痛やめまい、カラダのだるさが気になっている時、ゆとりを知り、通いはじめました。

治療前の細かい問診でカラダの状態を知って、その状態に合った治療をしてもらえるところがとても気に入りました。

先生がいつもやさしく声かけしてくれるので安心して通院できるところも気に入っています。

いつもありがとうございます。

※個人の感想です。施術効果には個人差があります。

ゆとり治療院の「お話の泉」