なぜ生理痛がこるの?

生理痛
その原因は・・・
  • 骨盤の角度が悪い
  • 身体が冷えている
  • 血の巡りが悪い
  • ホルモンバランスの崩れ

女性の多数が経験した事がある『生理痛』。
しかしこの『生理痛』、健康であれば本来 起こる事がない症状なんです。

上記の通り、原因には様々なものがあります。

ゆとりではその原因を 東洋医学的なものと西洋医学的なものとに 分けて考えています。

【東洋医学的考え】
漢方医療では生理痛は『瘀血』『血虚』『気虚』
と大別して考えます。

【血】とは… 血の巡りが悪くなった状態で、 鋭く刺すような痛みが起きやすい。
【血虚】とは… 血が足りない状態・薄い状態で、 ふらつきや貧血のタイプが多い。
【気虚】とは… 気が足りない状態で、 身体が冷える・疲れやすいタイプが多い。
【西洋医学的考え】 生理痛が起こる原因の一つに、 骨盤の歪みがあります。
なぜ骨盤の歪みが内臓である子宮の 痛みに関係するのかと言うと、 子宮を支えているのは、骨盤と 骨盤内部の筋肉ですが、 この筋肉が骨盤の角度が悪いと、 子宮を引っ張ります。
無理に引っ張られた子宮はその働き を遮られてしまい、 円滑な血液の排出が出来なくなって しまうのです。
子宮と骨盤の位置関係

ゆとりのお薦め治療

はり灸治療はこちら O脚X脚治療 詳しくはこちら トルマリンホットパック 詳しくはこちら
岩盤足浴詳しくはこちら 整体・マッサージ 詳しくはこちら

生理痛 症例集

大阪狭山市 H様 26歳

H様が来院されたきっかけは、もともと腰痛でした。
しかし問診をし、色々なお話を聞いていくうちに
『腰痛が悪化するのは生理前』という情報を聞けたので、そこから深く話を聞いていくと
とてもきつい生理痛にも悩まされているという事でした。
体質にも問題アリと判断したので、はり灸治療をオススメしました。
治療を行うと翌日は身体全体がスッキリしたと喜ばれており、
今現在も1週間に1回の治療を3ヶ月続けていますが
腰痛はもとより、生理痛が軽減し体調も良いとの事です。

※施術効果には個人差があります。



大阪市 北区 O様 28歳

O様が来院されたきっかけは『生理痛が強い』という事でした。

生理時に腹痛並びに頭痛が強く、生理の日が来るのが怖いとのことでした。 生理周期の乱れもあり、本人も不安に思われていました。 『生理痛は漢方医学では病気になります。体質改善すれば治ります。』 と話して、漢方鍼灸治療を始めました。 週2回のペースで10回での治療計画を立て、鍼とお灸を併用して治療を行いました。 4回の治療終了後に生理が来ましたが、痛みは軽度の腹痛だけで、気分的にも安心されていました。 現在は、美容鍼灸治療コースを週1回のペースで行っています。 痛みから解放されて、次の夢に進んで頂けると嬉しいですね。

※施術効果には個人差があります。

ゆとり治療院の「お話の泉」

あなたにおすすめの記事

※上記の施術効果には個人差があります。