逆子治療

逆子で帝王切開が必要と言われた…そんな方はゆとり治療院にお任せください!

こんなお悩みを持っている方へ

安産したい女性

  • 逆子を治したい
  • 帝王切開が決まってしまった
  • 逆子体操をしても効果がない
  • 手術前にできることをやっておきたい
  • へその緒が首に巻きつかないか不安

「赤ちゃんが心地よい状態」ってどんな状態?|堺市 ゆとり鍼灸治療院

母子共に元気に育つ

赤ちゃんが収まっている子宮は肋骨・横隔膜といった上の壁と骨盤といった下の壁に挟まれています。肋骨・横隔膜・骨盤は姿勢によって硬さが出てきやすい箇所でもありますので、妊娠前からの姿勢や疲労などが「赤ちゃんが逆子になりやすい」環境になっているのかもしれません。

また、子宮内を満たしている羊水は体の水分から出来ていて、絶えず母体と胎内を行き来して新鮮な状態を保っています。体をめぐっている水分は頭蓋骨・脊柱(背骨)・骨盤から作られています。この循環が羊水の質を左右していると言っても過言ではありません。

「赤ちゃんが心地よい状態」とは肋骨・横隔膜や骨盤の柔軟性があり子宮内をのびのび動ける、体液循環がよくて羊水がいつも新鮮である状態。それ心地よい状態を作る環境であると考えます。

逆子の原因は?|堺市 ゆとり鍼灸治療院

骨盤の歪み、内臓疾患、ストレスを抱えるお母さん

逆子とは、正式には「骨盤位」といいます。実は逆子になる原因は、医学的にはよくわかっていない部分が多いそうです。

骨盤の歪み、胎児が小さい、過短さい帯など原因があるものもありますが、ほとんどが原因不明です。 また、ママの体調の変化によってお腹の中の環境が悪くなり、その影響は赤ちゃんにも起きてしまいます。 ですが、多くの鍼灸師が原因として言われているのは、「冷え」です。
ママのストレスや、生活習慣で子宮が冷えているときに赤ちゃんが逆子になりやすいと指摘しています。

逆子への取り組みはいつからがよい?|堺市 ゆとり鍼灸治療院

逆子への取り組みはいつからがよい?

妊娠が確定してから我が子の成長とお母さんの健康を確認するために、妊婦健診に通われていると思います。逆子が判明するのは週数でいうと27週以降に妊婦健診で「逆子ちゃんかもしれませんね」とお話しされるケースが多いです。早めに逆子に気がついても『赤ちゃんが自力で戻る』ケースは多いので、妊婦健診では次回の健診まで様子をみてくださいと伝えられる事がしばしば…(特に早い週数であればあるほど)。

もちろん赤ちゃんが自力でもどる場合がありますが、当院では逆子が判明した時点で「ゆとり鍼灸院の逆子治療」を受けられる事を強くおすすめします。

なぜかというと24週から35週までの妊婦健診は2週間に一度で、一番逆子が戻りやすい時期を逃す場合があるのです。(逆子の改善確率は下記参照)

「逆子治療は1日でも早く治療を」おすすめします。

帝王切開のリスク|堺市 ゆとり鍼灸治療院

母子共に元気に育つ

逆子の場合、自然分娩ではなく、すぐに帝王切開へと出産方法の切り替えをすすめられます。

帝王切開にもメリットがありますが、ママにとって帝王切開は、自然分娩より長時間ベッドに横たわるために、そこから「肺血栓塞栓症」という病気になる確率が5~10倍になるといわれています。

産院やマタニティクラスなどでは、帝王切開については軽く触れるだけで、事前情報が少ないです。 そのため、いざ帝王切開となると、赤ちゃんが元気に産まれてきても、その体験を受け入れられず困惑するママも少なくありません。

ゆとり鍼灸治療院では出産について不安なことやわからないことを丁寧にご説明します。

逆子が改善する時期と確率は?|堺市 ゆとり鍼灸治療院

逆子が改善する時期と確率は?

ゆとり鍼灸治療院にご来院されている妊婦さんで逆子治療を受けられる方は全体の1割です。意外と逆子でお悩みの方は多いのです。

当院で逆子治療を受けられた方の時期と改善率ですが、やはり27週〜31週までの方の改善率は一番高いです。羊水が減ってくる35週以降は改善率はぐんと下がります。

週数 改善率
28〜31週 89.5%
32〜34週 75.2%
35〜37週
※37週から正産期
59.8%
38週以降 41%

多胎(双子ちゃん以上)の場合での上記改善率はそれぞれの数字以下になります。もし、双子ちゃん以上の場合は子宮内の隙間が少なくなってくるのでなおさら早めの逆子治療の開始がおすすめですよ。

ゆとり鍼灸治療院の逆子治療の3つの特徴

お灸の写真

大阪府堺市 ゆとり鍼灸治療院の逆子の治療には、整体と鍼灸治療で施術します。鍼灸治療は昔から逆子の治療として行われてきた伝統的な治療法です。足のつぼ(三陰交)(至陰)に当てることで血流をよくし、体温をあげ、体の「冷え」を解消します。

お灸は熱い、鍼は痛い、跡がつく、といった不安は一切ございません。

ゆとり鍼灸治療院では妊婦さんお一人お一人のお悩みに合わせた治療を行うことができます。既存の鍼灸や整体だけでなく、積極的で安心できる施術法を確立し、妊娠出産をサポートします。

腰・股関節の痛み

母になった女性

腰や股関節が痛い

堺市 ゆとり鍼灸治療院の施術は、古来から胎位異常(逆子)に効果があります!逆子と聞くと不安に思われるでしょうが、当治療院では血流や羊水の循環を良くし、 赤ちゃんが喜ぶ環境を作りための優しい施術ですので安心して受診していただけます。

体内環境

肩こり・頭痛

逆子の改善は、お母さんのお腹の中で赤ちゃんが気持ちよく動けるようになるということ。ゆとり鍼灸治療院の逆子整体は、腹壁の緩みや肋骨のかたさを改善し、赤ちゃんが動きやすい環境を作ります。

逆子施術に実績があります

出産までが不安...

今まで逆子を改善したいとご来院頂いた方の改善率は89.5%です。何もしないで不安に思うより、まずは堺市 ゆとり鍼灸治療院までご相談ください。女性スタッフがあなたのお悩みに寄り添います。

※【89.5%】…28週~31週の方を対象にした場合の改善率

いつ来院すればいい?|堺市 ゆとり鍼灸治療院

いつ来院すればいい?

逆子だと判明した時点でご来院される事をおすすめします。上記でも説明していたように、逆子改善は週数が早ければ早いほど効果が高いのです。

まれに『早くに逆子治療をして逆子からもどっても鍼灸治療をうけたらまた回転して逆子になるんじゃないか』と心配される方がいらっしゃいますが心配ご無用です。戻ることはありませんよ。安心してくださいね。

マタニティに関するその他の症状もお気軽にご相談ください!

メールでのご相談はこちら

ゆとり鍼灸治療院が選ばれるのはナゼ?選ばれる5つの理由

出産経験のあるスタッフ

女性もいるので安心!

チーム制でしっかりサポート!

産後のケアもおまかせできる!

逆子にも対応してます!

お客様の声 | 堺市ゆとり鍼灸治療院

  • 堺市 逆子治療 30代女性 Aさま

    逆子になってしまい、ちゃんと治るか不安でした。
    でもこちらで逆子鍼を受けると、一回目の夜に胎動がすごくて、びっくりしましたが、病院でエコーを受けると真横に動いていました。
    こんなに簡単に動くのだと驚きました。それから2回目、3回目とお灸をしていただいた後、逆子がちゃんと治りました。
    その後も逆子になることもなく、順調に育っています。治療を受けて本当に良かったです。
    初めての出産になるので、1つでも不安がなくなり、安心してのぞめそうです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。