膝痛・オスグッド

TOP > 膝痛

なぜ膝痛が起こるの?

膝痛
その原因は・・・
  • 姿勢バランスが悪い
  • 外反母趾を持っている
  • 筋力低下と関節の変形
  • 冷えによる下肢の循環障害

発生原因は様々ですが、膝痛を訴える方の大半は『変形性膝関節症』です。
この疾患は関節が炎症を起こす急性期の痛みと、炎症が治まり骨の変形が完了するだるいような痛さを繰り返します。こういった症状をもっている方は『変形性膝関節症』を疑ってみるのもよいでしょう。

その他としては、スポーツに起因する『半月板損傷』や『靱帯損傷』など、それぞれの部位が損傷して膝痛を起こすケースや、リウマチや骨壊死などの病変によって発祥する膝痛などがあります。

ゆとりの膝痛治療はなにが違うのか?

膝痛の多くは上記の通り『変形性膝関節症』が占めておりますが、この症状で他の治療院を受けられた時の治療はいかがでしたか?温罨法・冷罨法・膝周辺のマッサージやストレッチを受けた方が大多数だと思われます。その治療法も大事ですが、ゆとりではまず『何が原因で膝痛になったのか?』を考え、その部分の改善を行っていきます。

『きもちのいいハリ』『あたたかいお灸』『漢方マッサージ』を主体とした施術で膝の痛みを改善していきます。また、東洋(漢方)医学的な見地からのアドバイスも出来ますので、家庭で出来るケアの方法も考えていきます。

膝周辺の主な筋肉

膝痛 症例集

堺市北区 78歳 女性

お友達の勧めで、こちらの鍼灸整骨院を受診しました。
数年前から続く膝の痛みで、時には眠られない程の痛みに悩まされていました。
痛みが出るたびに病院で水を抜いたり、サポーターを買ったりしましたが
その場しのぎだったのかと今は思っております。
ゆとりさんのスタッフの皆様には親切にして頂き本当に感謝しております。
院長先生が懇切丁寧に症状の説明、質問の返答などして頂けたので
安心して治療が受けられました。
今現在は多少の痛みがある日もありますが、
水がたまったり、激痛で動けないという事は起こっておりません。
院長先生及びスタッフ方々、本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

※施術効果には個人差があります。



【ゆとりから】
この方は病院で『水を抜く』という行為を繰り返されていたので膝に水が溜まりやすい状態になっていました。
問診・検査の結果から、女性に多くみられる【変形性膝関節症】と判断しました。

以前は短時間であれば正座も出来ていたのに、受診された時には膝を曲げるだけで痛みが出ており、
階段の昇降もままならない程ひどく腫れていたので、アイシングにて熱を取った後
水腫を取る為にお灸の治療を施し鎮痛抗炎症に対する治療を行い、
またマッサージ効果の1つである誘導作用を用い健側や負担のかかっている腰部を治療。
最後に食欲不振・胃の重たさも訴えていたので胃の六つ灸を行い胃を整えました。
これを続けて6日来院していただき、痛みはほぼ気にならなくなり、夜間痛も無くなりました。

この方は、予防も含め週1回の鍼灸治療を継続されています。

ゆとり治療院の「お話の泉」

あなたにおすすめの記事

※上記の施術効果には個人差があります。