整体治療にまつわるコラム

肩こりは肩の症状だけなのか??

肩こり 女性 ゆとり鍼灸治療院で、多数の患者様が持っている症状「肩こり」。 日本人は特に多いと言われています。 ちなみに肩こりについて深~く考えてみると、「肩」とは?「こり」とは? となってきたのでこの記事を書くに至りました。『wikipedia』では

『項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称である。 日本では「肩こり」という名称により「肩」を指す表現が用いられているが、これは日本独特のもので同症状を諸外国では首や背中の疾患として示している事が多数である。また頸肩腕症候群の初期症状である場合もある。』

との事。こちらのページには、肩こりの主要な筋肉は僧帽筋・肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋が主要な筋肉とも書いていますね。

筋肉大好き!という方はこれだけで「ああ、この筋肉ね。知ってるー。」となるかと思いますが、 それは一部の方だけだと思うので、下記にわかりやすい画像を入れておきました。 ※筋肉の画像 「筋肉とは?※リンクをつくる」を参考にしていただくとわかると思いますが、 基本的に筋肉は層になっていて、僧帽筋が一番上の層にあるので、すぐに触れます。 この僧帽筋の下の層になっているのが、菱形筋群・肩甲挙筋・板状筋・上後鋸筋・脊柱起立筋と深い場所へと付着していきます。 基本的に肩こりの筋肉は「肩甲骨」「頸椎~胸椎」に付着している筋肉と理解していただくとよいかと思います。

そうです。 肩こりとは、肩部分の筋肉だけでなく、首部分の筋肉にも影響が出ているのです! ですので、肩こりを改善するのであれば、しっかりと首もケアしなければ、「肩こり」の改善はなかなか望めないのが現状です。

ゆとり治療院の「お話の泉」

あなたにおすすめの記事

※上記の施術効果には個人差があります。